資料請求 お問い合わせ

受付時間 9:30〜17:30(土日祝日を除く)

サプリメントマイスター

Web模擬試験

公式テキスト

西洋ヤナギとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サプリメントマイスター
健康食品コーディネーター

西洋ヤナギとは

 西洋ヤナギは、ヤナギ科ヤナギ属の植物で、ユーラシア大陸から北アフリカまで広く分布しています。古くから鎮痛作用があることが知られており、ヨーロッパなどでは民間療法に用いられていました。

 西洋ヤナギに含まれるサリシンが、体内でサリチル酸となり、痛みや炎症の原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制し、鎮痛作用を発揮すると考えられています。

 サリチル酸はサリシンが分解されてできるもので、サリチル酸をさらに加工したものがアセチルサリチル酸です。アセチルサリチル酸は、アスピリンとして鎮痛剤に使用されています。

 西洋ヤナギには、サリシン類以外にも、フラボノイド類やプロシアニジン類などのポリフェノール化合物が豊富に含まれ、身体に有効に働いていると考えられています。

 ヨーロッパでは、古代ギリシャの医者である ヒ ポクラ テス が、 2000年以上前に、著書に「柳の皮を煎じて飲むと痛みがとれる」 という内容を記しています。日本でも、「ヤナギでつくった楊枝を使うと歯がうずかない」 といわれます。また、経文に「釈迦はいつもヤナギの枝をくわえていた」と記されているそうです。

効能・効果

腰痛の症状をやわらげる ・関節の痛みや炎症をやわらげる ・鎮痛作用、解熱作用がある

こんな悩み・目的に役立つ

▶︎関節や腰に痛みや違和感がある ▶︎関節に炎症がある

サプリメントマイスター
健康食品コーディネーター
サプリメントマイスター
健康食品コーディネーター
お知らせ

記事カテゴリー

キーワード

財団法人

職業技能振興会

職業技能振興会が開催する認定試験・お申し込みはこちらをご覧ください

サプリメントマイスター

認定試験

健康食品コーディネーター

認定試験

日本健康食品科学アカデミー